過去のトピックス(2018年 1月〜6月)

<Aチーム>都筑区民少年野球大会春季大会 ブロック予選(2018.4.30)

4月29日(日) 於:牛が谷公園
〇9−0 vs 折本クーパーズ

リョウマ、攻守に活躍午前中の惜敗からすぐに移動し、ホームグラウンドで区大会ブロック予選の最終戦。少し間をおいて気持ちを落ち着かせ、一度リセットしてから試合に臨む。

結果は・・・リョウマの2打席連続のラッキーな3ベースヒットやジュンセイの2打席連続のエンタイトル2ベースなど、欲しいところで長打が出ての快勝。気持ちの切り替えはうまくできたのかな?

何はともあれ、この区大会も上の大会につながる非常に大切な大会です。これから始まる決勝トーナメント、1試合たりとも気を抜くことなく、勝ち続けていきましょう!(by Sコーチ)

助っ人リク、食後の休憩中。この試合は応援です  助っ人アサヒ、最終回に守備で登場。でも唯一の守備機会を、ウタのファインプレーに奪われる

<Aチーム>高円宮賜杯 第38回全本学童軟式野球大会 横浜市少年野球大会 準々決勝(2018.4.30)

4月29日(日) 於:日野中央公園
●1−2 vs オール上郷

リツキ、好投するも報われずあと一つ勝てば県大会への道が開ける、その大切な試合。お相手は、これまで圧倒的な力で勝ち上がってきた、強豪のオール上郷さん。

先発はリツキ。初回に先頭打者を出してしまったものの、ジュンセイがすぐに二盗を刺して火消しに成功。2回も相手のクリーンナップを完璧に抑えたが、3回表、エラーが重なり、2点を先制されてしまう。それでもここで気持ちを切らすことなく、相手強力打線を封じ込み、以降の回をすべてゼロで抑えて味方の反撃を待つ。

レンシン、最終回に意地のヒットで出塁試合が動いたのは6回裏。1アウトからリョウマが今日2本目のヒットで出塁すると、2アウト二塁となって打席にはリツキ。甘く入った球を見逃さず、タイムリーで1点を返す。
続く7回裏、2アウトランナーなしの絶体絶命の状態で、レンシンがヒットを放ち、さらに相手のエラーも誘ってスコアリングポジションに進む。が、ここであと一本が出ずにゲームセット。初めての市大会は、ベスト8で終了。惜しくも、県大会への出場権を逃してしまった。

残念ながら、全国につながる大会はここで終わってしまったけれども、まだまだチームとして大切にしている大会はこれからも続きます。この大会で何を学ぶことができたのか、また何が足りなくてここで終わってしまったのか、貴重な経験から得られたことを活かして、さらに上を目指しましょう。この悔しさを忘れずに、次の大会でリベンジだ!(by Sコーチ)

<Cチーム>都筑区教育クリーグ(2018.4.30)

4月29日(日) 於:荏田西小学校
△7−7 vs 佐江戸少年野球部

区大会リーグ戦の第3戦目は、隣町の佐江戸少年野球部さん。

先発のコウタロウは、今日も非常に安定していた。打たせて取るピッチングで、与えた四球も1つのみ。あとは、腕を振り切って投げることができれば文句なし。
打撃の方は、1回裏にソウマの内野安打等で2死3塁も得点ならず。3回を終わって0−2と劣勢だったが、4回の裏に一変。1死2,3塁で、ユウキの目の覚めるセンターオーバー2塁打から一挙5得点と逆転成功。

しかし、喜んだもの束の間、次の回に4点を返され、さらには6回にも1点取られて2点ビハインド。そして迎えた6回裏、内野安打、四球、死球で1死満塁から2点を返し土壇場で追いついた。さらに、1死2,3塁の大チャンスを迎えたが、残念ながら追加点ならずの引き分け。

初ヒットのユウト  見事な2塁打を打ったユウキ  口火を切ったソウマ

エラー絡みでもったいない失点や、無理な走塁、見逃し三振など、勝つチャンスはいくつもあった。
ミスをなくせば、結果はついてくるので、これを教訓として次戦に活かそう!(by Iコーチ)

<Aチーム>第108回YBBL春季大会 ブロック予選 第二代表決定戦(2018.4.30)

4月28日(土) 於:海釣り公園グラウンド
〇4−3 vs 鷺竹クラブ少年野球部

最終回、リョウスケのスーパーキャッチがチームを救うさあ、YBBLの本大会への切符をつかむまであと一試合。先週は惜しくも第一代表を逃したけど、きょう勝てば本大会出場が決まる、大事な試合。そのお相手は、直前に行われた準決勝を勝ち、勢いに乗っている鷺竹クラブ少年野球部さん。

序盤、相手の勢いそのままの猛攻を受け、3点を追いかける展開に。3回表にもノーアウト一、二塁のピンチを招くが、ここは先発リツキが意地を見せて無失点で切り抜ける。

タイセイ、最後の打者は自らアウトにすると流れが徐々にイーグルスに。その裏、先頭のハルキがヒットで出塁すると、2アウト一塁となってから打席にはジュンセイ。ここで外野の頭を超す3ベースヒットを放ち、反撃ののろしを上げる。続く4回裏、今度は先頭のタクトが3ベースヒットで大チャンスを作ると、そのタクトをハルキが返して1点差に。さらに2アウトながらランナー三塁のチャンスに、バッターリョウスケ。追い込まれながらも相手の決め球を打ち返し、ようやく同点に追いつく。そして5回裏、リツキが2ベースで出塁すると、2アウト三塁のチャンスにウタ。気持ちで振りぬいた打球は外野まで抜け、ついに逆転に成功する。

いざ、YBBL本大会へ!一方で、4回からリリーフしたタイセイは、先週に続く好投を見せる。ジュンセイの盗塁阻止やリョウマの好捕など、バックの堅い守りにも助けられながら、結局2塁を踏ませずに最終回へ。ここで先頭バッターに外野へ運ばれるが、猛チャージしたリョウスケがスーパーキャッチでフライアウトにとって事なきを得ると、最後のバッターをピッチャーゴロに打ち取ってゲームセット。見事、チームとしては4年ぶりとなるYBBL本大会への出場権を手に入れた。

最後まであきらめない心と、点を取られても気持ちを切らさなかった粘りが生んだ逆転劇。この試合を通じて、君たちはまた一つ大きく成長できたと思います。でも勘違いしないでほしいのは、まだ、ようやくスタート地点に立てただけということ。ここからが本番です。この先もつらい試合が続くと思うけど、最後まで仲間を信じて、チーム一丸となって上り詰めましょう!(by Sコーチ)

<Aチーム>都筑区民少年野球大会春季大会 ブロック予選(2018.4.30)

4月28日(土) 於:佐江戸公園
〇10−1 vs 佐江戸少年野球部

今日はミライが不在の中、Bチームからソウアが助っ人で参加してくれての区大会のブロック予選。
なかなかエンジンンのかからない選手たち。先制点を献上し、同点に追いついたあとのチャンスを自らつぶし、嫌な流れのまま試合は中盤へ。
4回裏、ようやく打線にスイッチが入り、打者一巡半の猛攻で一気に9得点。結果は大差での勝利だけど、どちらかというと反省点の方が多く残る試合だったね。
午後は気持ちを切り替えて、これまた大事な試合を戦いに行きましょう。(by Sコーチ)

打席に立った助っ人ソウア・・・・・痛!デッドボール!  満塁でシンタロウ・・・・・四球を選んで押し出し

<Cチーム>わかばジュニア大会(2018.4.26)

6回無四球ピッチングのソウマ4月22日(日) 於 新橋小
●1−6 vs 鷺竹クラブ少年野球部

負けたら終わりのわかばジュニア大会。トーナメント初戦のお相手は中区の鷺竹クラブ少年野球部さん。

夏の日射しの中での先発はソウマ。フォアボールを出さない安定したピッチングながら、ヒットと積極的な走塁で1,2,3,5回裏にコツコツとランナーを返され、計6失点。

外野から声を張り上げるイブキ一方のイーグルス打線は、コントロールの良い相手ピッチャーを捕まえられず、気がつけば4回を終わって一人のランナーも出せない完全試合ペース・・・
5回表ツーアウトから古谷コースケのライトへの打球が相手のエラーを誘い、なんとか初出塁。6回表にはソウのランニングホームランで1点を返すも、反撃はこの1打のみ。

南小に戻ってからの打撃練習で教えられたことをしっかりとノートに記録し、日々の素振りで復習し、次の試合でいい結果が出せるように頑張ろう!!(by Aコーチ)

<Cチーム>都筑区教育リーグ(2018.4.25)

4月21日(土) 於 都田西小
●2−5 vs 川和シャークス

先制点ホームインのソウ区大会ブロック戦の第2戦、お相手はTチームの時に勝てなかった川和シャークスさん。

先攻の初回、足を使って2点を先制するも、走塁ミスが出て追加点はならず。
その裏、ヒットとエラーが続いてあっさり同点とされ、更にノーアウト満塁のピンチだったが、先発コウタロウの力投で何とか逆転されずにチェンジ。

スローボールを駆使するコウタロウ続く2回にソウの3塁打などでランナーを出すも、まずい走塁が続いて無得点。これでこちらに来ていた流れを手放してしまったか・・・
その後3点を追加され、最後は四死球とエラーで2死満塁のチャンスをもらうも、あと1本が出ずにゲームセット。

守備はだんだん上手になってきています。走塁や声の掛け合いなどでの防げるミスをどれだけ減らせるかが、勝つためには大切ですよ!(by Aコーチ)

<Tチーム>都筑区大会ブロック戦(2018.4.25)

4月22日(日) 於:つづきの丘小学校

第1試合
○17−2 vs 茅ヶ崎エンデバーズ

1年生から3年生まで総勢10名で臨んだ公式戦初戦。守りでリズムを掴む為、後攻選択でプレイボール。1回表ランナー1人を出すもその後、落ち着いた内野守備で0点に抑えると、裏の攻撃では打者一巡、一挙5点を挙げ、試合のペースを掴む。2回以降もコンスタントに安打を重ね、終わってみれば、20安打17得点で快勝。ただ、これまでの練習でコーチから指導され続けてきた守備時の声出し、準備、動き出しがまだまだできていなかったね。常に次を考え、自分が何をしなければならないのか、自らの判断で行動できるようにしていきましょう。

新生Tチーム  新メンバーのイット

 

第2試合
○15−4 vs 球友会Aチーム

第1回から3回までは取って取られてのシーソーゲーム。3回裏の攻撃を終え、4ー2でリード。終盤4回表に2点を返され同点に追いつかれると、なおも1アウト2、3塁の大ピンチ。このピンチを救ったのがレフトのカズキ。ライナー性の当たりを好捕球でワンアウト。飛び出したセカンドランナーを好送球でフォースアウト。ダブルプレーでチェンジ。このワンプレーが勝敗の分かれ目となった。4回5回の攻撃はともに打者一巡で計11点を追加。結果、15−4で2連勝。そんな中、今日の主役は何と言っても助っ人のカイ、ヤスノリ、タクマ、イットの4名。暑い中、最後まで本当に良く頑張ってくれました。この勢いそのままに次戦も必ず勝利しよう。(by Wコーチ)

ナイスプレー カズキ  2連勝で次戦へ

<Bチーム>都田リーグ ブロック第4戦(2018.4.24)

4月22日(日) 於:犬蔵小
●3−7 vs 南菅生ワイルダーズ

リク ナイスチャンスメイク!上級生も出場する都田リーグ第4戦の相手は南菅生ワイルダーズさん。
暑い中の本日2試合目で集中力をもたせるのが課題の後攻イーグルス。
先発ケイジが初回に二死後から3点を失い、4回にもエラー等で3点を失い、5回にも1失点で0−7で迎えた最終回の攻撃。
リクの内野安打、アイルが四球を選んで後にシンノスケの2ベースで漸く得点。
その後のソウアのスクイズで3−7。
リュウの四球で追加得点のチャンスがあったが得点できずゲームセット。

今週末は2日共にダブルヘッダーでお疲れ様でした!
エラーでの失点を減らし、チャンスでの三振を減らし、バントを決めることができればもっと強くなれるはず。
特に日差しが邪魔をするお昼頃のフライはしっかり捕球できるように練習しよう。
来週からのGWの試合は勝ち切ろう!(by Tコーチ)

<Bチーム>ベイサイドカップ ブロック第5戦(2018.4.24)

4月22日(日) 於:青葉スポーツプラザ
○8−2 vs 市ヶ尾シャークス

ベイサイドカップ ブロック第5戦の相手は近隣青葉区の市ヶ尾シャークスさん。
両チーム無失点で迎えた3回裏。
イーグルスの打線が四球で出たセイヤ、リュウタロウのヒットで作ったチャンスにケンシンのタイムリー他で好投のタクマに3点をプレゼント!

その後にエラーもあり2点を失うが、4回にはリュウタロウのレフトオーバーのツーベースからタクマのタイムリー等で3点追加、5回にもケイジのセンター前から足を絡め2点を取り8−2。

ナイスバッティングのリュウのいい笑顔  センターゴロに仕留めたアイル

追いつかれそうになっても流れを渡さなかったのが勝因だね。すばらしい!
ヒットを打てたのは日ごろの素振りを続けているからだよ。
サボることなく続けようね。(by Tコーチ)

<Aチーム>第108回YBBL春季大会 ブロック予選 第一代表決定戦(2018.4.23)

強豪チーム相手に、タイセイ、ナイスピッチング4月22日(日) 於:海釣り公園グラウンド
●0−3 vs 元宮ファイターズ

YBBLの第一代表をかけた試合のお相手は、強豪の元宮ファイターズさん。相手にとって不足なし。さあ、全力でぶつかりましょう。

先発はタイセイ。相手の強烈打線の洗礼を浴びるものの、これまで2桁得点で勝ち上がってきたチーム相手に、7回3失点無四球の力投を見せる。

ミライ、代打で結果を残す。ナイスバッティング!しかしながら攻撃面では、せっかくのチャンスをすべて自らのミスでつぶしてしまい、みすみす流れを相手に渡してしまう展開に。

負けるべくして負けてしまったこの試合。ここから君たちは何を学んでどう次に生かすのだろうか?悠長なことを言っている時間はないので、足りない部分は、さっそく今日から埋めていきましょう。

まだまだやれるよ、君たちは。(by Sコーチ)

<Aチーム>高円宮賜杯 第38回全本学童軟式野球大会 横浜市少年野球大会 2回戦(2018.4.23)

4月22日(日) 於:富岡西公園
〇4−1 vs 南山田ライオンズ

ジュンセイ、先制タイムリー高円宮賜杯の2回戦のお相手は、同じ都筑区代表の南山田ライオンズさん。序盤は予想通りの息詰まる投手戦。お互いにランナーは出すものの、エースが踏ん張って得点を許さない。

試合が動いたのは3回表。2アウトからリョウスケがチーム初ヒットで出塁すると、ウタがつないで打席にはジュンセイ。
フルカウントから振り抜いた当たりは外野まで抜け、待望の先制点となる。

続く4回表にはタイセイが3ベースを放ってチャンスを作ると、タクトがきっちりと返して追加点を得る。
5回裏に1点差に詰め寄られるも、6回表に2ベースで出たジュンセイをリツキが返して勝負あり。最終回はレンシンの好プレーもあって相手クリーンナップを3人で切って取り、そのまま試合終了。見事に準々決勝進出を決めた。

2アウト~(by ウタ)  レンシン、好プレーで勝利に貢献

さあ、これから勝つにつれてさらなる強豪チームと当たることになるけれど、自分たちの力を信じて、試合で100%の実力が出せるように、平日からしっかりと準備して週末を迎えましょう。(by Sコーチ)

<Aチーム>第108回YBBL春季大会 ブロック予選 第一代表準決勝戦(2018.4.23)

4月21日(土) 於:海釣り公園グラウンド
〇2−1 vs 大和町バンビーズ

同点のホームを踏んだリョウスケ今日の先発はタイセイ。
2回表、2アウト満塁のピンチ。ここで相手の1番バッターにタイムリーを浴びて先制点を奪われてしまうが、リョウマの好返球で二塁ランナーをホームで刺し、最少失点で切り抜ける。我慢の時間の長かったイーグルスだが、4回裏、先頭のリョウスケが絶妙なバントヒットで出塁すると、2アウトを取られながらも三塁へ進んで同点のチャンスを作る。ここで打席に立つのはリツキ。すると相手ベンチは敬遠策をとる。ネクストバッターサークルで待つタイセイに気合が入り始めたその時、相手バッテリーにまさかのボークが発生し、ラッキーな形で同点に追いつく。

サヨナラのランナーリツキを迎えるベンチ1対1のまま迎えた最終回、途中からリリーフしている二番手のウタがしっかりとゼロで抑えて流れを作ると、その裏、1アウトからリツキが3ベースヒットを放ってサヨナラのチャンスを作る。続くタイセイが四球を選び、打席には途中出場のタクト。ここで痛恨のミスが出てリツキが三本間で挟まれてしまうが、3往復ほど相手の挟殺プレーをかわすと、最後は追いタッチをかいくぐってホームイン。試合は意外な形で決着した。

まあ、すっきりしない勝ち方とはいえ、勝ちは勝ち。この勢いに乗って、明日の大事な2試合も必死のパッチで勝ちに行きましょう!(by Sコーチ)

<Bチーム>4月21日(土)試合結果(2018.4.23)

あじさいリーグ ブロック第2戦(於:荏田南小)

●1−22 vs リトルイーグルス

都田リーグ ブロック第3戦(於:中山小)

●0−12 vs 中山ヤンガース

イーグルスのマドンナ達からの応援メッセージ上級生も出場するあじさいリーグ第2戦の相手はリトルイーグルスさん、都田リーグ第3戦の相手は中山ヤンガースさん。
共に後攻でイーグルスが望んだ形だったが、2試合共に連続四球で初回表に6失点。
先発、その後も同様ですべての回で3点以上。守備の時間が長すぎて集中力がもたず、攻撃も淡泊になってしまったね。
あらためて守備でリズムをつくることが大事なことを再認識した試合だったね。
ベンチは前の試合の反省を生かし声が出てたよ。GOOD!

打撃陣は打ってリズムをつくり、「逆転できるかも」とチーム全員が思えるようにもうちょっと粘って四球ででも出塁し、そして少ないチャンスをものにできる心身面を試合をこなしながら鍛えていこう!(by Tコーチ)

<Aチーム>高円宮賜杯 第38回全本学童軟式野球大会 横浜市少年野球大会(2018.4.16)

好守でチームを救ったハルキ4月14日(土) 於:富岡西公園
〇1−0 vs 元石川サンダーボルト

この代ではじめての市大会は、5年生秋の区大会で優勝したことで出場権を獲得した、高円宮賜杯。その一回戦のお相手は、青葉区の元石川サンダーボルトさん。
昨年に一度敗戦した相手ということで、どれだけ自分たちが成長したのかを示すにも絶好のお相手。
適度な緊張感を持ちながら、いざプレイボール。

最終回、少し間を取る内野陣1回表、相手投手が立ち上がりのコントロールに苦しむ中でチャンスを作るも、あと一本が出ずに無得点。するとその裏、今度はアンラッキーな形で先頭打者の出塁を許してしまうが、ジュンセイが盗塁を刺してピンチの芽を摘む。2回裏にも1アウト三塁のピンチを招くが、ここはハルキの好捕がダブルプレーを生み、またもやピンチを切り抜ける。

すると続く3回表、ウタが技ありのヒットで出塁し、2アウト三塁とチャンスを作ると、打席にはタイセイ。ファールで粘ってから放った打球が相手のエラーを誘い、ウタがホームに生還。欲しかった先制点の奪取に成功する。

外野陣も、集まって確認作業今日のリツキには、1点あれば十分。危なげない投球で相手打線を沈黙させ、3回から6回までは二塁を踏ませないまま終盤へ。最終回こそ少しもたついたものの、最後の打者を冷静にピッチャーゴロに打ち取ってゲームセット。見事に2回戦進出を決めた。

ベンチにとっては胃のキリキリするような試合展開。でも接戦を制することができて、選手たちはまた一段と大きく成長できたはず。相変わらず課題と反省点は多いので、次の試合までにそれらをきちんと克服して、上へ上へとのぼり詰めましょう。(by Sコーチ)

<Bチーム>あじさいリーグ ブロック初戦(2018.4.9)

4月8日(日) 於:日吉小
○6−2 vs 北加瀬原子ども会野球部

1−4−5−6の狭殺完成!上級生も出場するあじさいリーグ初戦の相手は北加瀬原子ども会さん。
後攻のイーグルスは守備でリズムを作りたかったが・・・

初回先頭を四球、ポテンヒットで無死1、2塁。いきなりのピンチに2塁ランナーをけん制&狭殺で刺し、2アウトまでいったが内野のミスで2失点。

この試合は悪い流れを打線が吹き消す!
2点を取られた初回裏に1点を返し、2回にソウアのスクイズ、アイルのタイムリーで5点を取り6−2。

粘りの投球の先発ケイジその後も先発ケイジはピリッとはせず、四球等で得点圏に出したランナーも粘りの投球としっかりした内野の守備で無失点で切り抜け勝利。

内野陣は1球ごとに足を動かすクセがついてきたので一歩目の動きが速くなったね。
Good!
練習した狭殺プレーもすぐに成果を出せる君達は凄いよ。
もっともっと練習して更に上手くなろう!(by Tコーチ)

<Aチーム>第108回YBBL春季大会 ブロック予選2回戦(2018.4.8)

4月7日(土) 於:海釣り公園グラウンド
〇6−3 vs 上永谷少年野球部

本日の長打その1 タイセイ、先制タイムリースリーベース非常に強い風が吹き荒れる中、試合前はお互いのチームがフライの捕球を入念に確認。落ち着いて対処すればちゃんと捕れることが分かったところで、いざプレイボール。

先制したのはイーグルス。2回裏、四球で出塁したリツキを三塁において、タイセイのタイムリースリーベースで鮮やかに先制に成功。その後も欲しいところで長打が飛び出し、イーグルスの流れのまま試合が進んでいく。

投げてはリツキが毎回のようにランナーを出しながらも、粘りの投球でゼロに抑えていく。最終回に不運な当たりもあって3点を返されるが、レンシンの好プレーなどにも助けられ、後の打者をぴしゃりと抑えてシャットアウト。無事に3回戦進出を決めた。

本日の長打その2 ジュンセイ、中押しソロホームラン  本日の長打その3 リョウマ、ダメ押しツーランホームラン

勝つには勝ったけど、まだまだ課題は多く見つかるね。結果に満足することなく、一人ひとりがより高いレベルを目指して、日々努力し続けていきましょう。(by Sコーチ)

<Aチーム>都筑区民少年野球大会春季大会 ブロック予選(2018.4.2)

4月1日(日) 於:都田公園
●3−12 vs 川和シャークス

悪いところが一気に出てしまったこの試合。最後に意地を見せて、点差によるコールド負けを避けられたのが唯一の救いかな。
大事な大会でのこの失態。でもトーナメントではなくブロック予選だったことが、まだ野球の神様に見放されてはいないということなのでしょう。くじけるにはまだ早い。今日の大敗で得た教訓を生かし、必ず這い上がって、またみんなで笑おうよ!できるよ、君たちなら。(by Sコーチ)

シンタロウ、ライトフライをキャッチ。目は・・・ちゃんと開いてるね  ジュンセイ、最終回に意地のスリーベース!

<Bチーム> 都田リーグ ブロック第2戦(2018.4.2)

4月1日(日) 於:富士塚公園
●3−10 vs 市ヶ尾禅当寺

上級生も出場する都田リーグ ブロック第2戦は市ヶ尾禅当寺さん。
後攻のイーグルスは、相手投手に緩急を上手く使われたが3回までソウタの好投で粘り2−2の接戦だった。
しかし、4回に緊張の糸が切れたか2死からの失点、5回も四球からの失点で3−10でゲームセット。

ヒットを好守備に阻まれたアサヒ  打て!リンタロウ!

上級生とはいえ1死3塁から得点できるようになろう!
そしてランナーコーチが変わる際、ベンチを横切るときに一礼する礼儀は真似しようね。(by Tコーチ)

<Bチーム>ベイサイドカップブロック第4戦(2018.4.2)

4月1日(日) 於:さわやか公園
○4−3 vs 元宮ファイターズ

ベイサイドカップ ブロック第4戦は強豪の元宮ファイターズさん。
守備で流れを作りたかった後攻のイーグルスは初回アイルが先頭バッターをセンターゴロに仕留める。
その裏四球で出たソウアをタクマ、ソウタの連続タイムリーで2点先制。
その後1アウト満塁のチャンスもあったが得点できず。
2回裏にもソウタのタイムリー2ベースで2点追加。
3回表簡単に2アウトをとったが四球でランナーを出し、2球で3塁まで走られショートゴロを内野安打にし失点で4−1。
3回、4回も無死で得点圏までランナーを進めるが不味い攻めで得点できず。
嫌な展開で5回表、初球を死球、タイムリーヒットで出したランナーもいずれも3塁まで走られ2失点し、4−3でゲームセット。

選手だけでマウンドに集まる内野陣  外野陣も集ってます!

只、追加点の再三のチャンスに得点できなかったのはスクイズ失敗、走塁ミスであり、この失敗を無くすこと、内野ゴロの素早い処理は課題だね。
ミスは多かったけど強豪に勝利できたのはこれまでの練習の成果です。自信を持とう!(by Tコーチ)

PS.応援に来てくれたヒカル先輩から「守りが良かった。」と一言いただきました。

<Aチーム>第108回YBBL春季大会 ブロック予選1回戦(2018.4.2)

タイセイ、ナイスピッチング!3月31日(土) 於:海釣り公園グラウンド
〇10−0 vs 上野町ニュースターズ

さあ、YBBLもいよいよ開幕。初戦のお相手は、上野町ニュースターズさん。

少し緊張気味の立ち上がり、初回は三者凡退で終わってしまったものの、2回裏に先頭のリツキが内野安打でチャンスを作り、そのまま先制に成功。3回裏は相手のエラーなどで作ったチャンスにリツキのスリーベースやジュンセイのタイムリーが飛び出し、打者一巡の猛攻で一気に試合を決める。

タクトは小技も使えます投げてはタイセイが危なげないピッチングで、相手の攻撃をノーヒットに抑えてシャットアウト。これで、無事に2回戦へとコマを進めることができた。

さあ、これからも気の抜けない試合が続くけど、常に自分たちの力を100%出せるように、練習や試合前のアップから工夫していきましょう。(by Sコーチ)

<Cチーム>あじさいリーグ(2018.4.2)

3月31日(土) 於:荏田南小学校

●4−6 vs 水沢ライナーズ

コウスケのナイスキャッチ課題の立ち上がりの守備。
先頭バッターを四球で出すものの、ヒットの当たりをカナルがライトゴロでアウトにすると、次のバッターのショートゴロをソウのナイスバックホームでタッチアウト!好プレーの連続で1失点に抑えます。
しかし攻撃ではちょっとだけ球の速いピッチャーが先発で登場すると、手も足も出ず三振の山、、、選手たちの元気がなくなるまずい展開。

4回に相手のピッチャーがかわると息を吹き返したイーグルスは古谷コウスケ、5回にはコウタロウのタイムリーで同点に!
しかし最終回エラーがらみで2点を献上。その裏の攻撃で満塁のチャンスを作るも無得点でゲームセット。
公式戦初勝利とはなりませんでした。

ルイカ先制ホームイン  力投のコウタロウ

ちょっとだけ球の速いピッチャーと対戦するとき、どうすればバットに当てられるかを自分たちで考えて。
そして負けてるときこそ元気をだしてチームを盛り上げていこう。(by Nコーチ)

<新Bチーム>ベイサイドカップ ブロック第2戦(2018.3.28)

3月25日(日) 於:鳥が丘小
○8−3 vs 鳥が丘フェニックス

ベイサイドカップ ブロック第3戦は強豪揃いの戸塚区の鳥が丘フェニックスさん。

後攻のイーグルスは初回に太陽の光が目に入り外野へのライナーとフライ落球で1点を失う。
この嫌な流れを打線が振り払う!
タクマ、ソウタ、リュウタロウ、ケンシン、ルイトのヒットで4点を取り逆転。
4回表に2点を取られ4−3になったが、5回裏にタクマの強烈なレフトオーバーの2ベースから再度攻撃の流れを作りバント、スクイズをしっかり決め8−3で勝利!

タイムリーヒットを放ったルイト  好捕でチームを助けるソウタ

今日は、無四球完投でリズムををつくり、自分も打ち勝利に導いたタクマの日でした。
ベンチのメンバーも良く声を出し試合を盛り上げてたよ!素晴らしい!!
春休みもしっかり練習して上手くなろう! (by Tコーチ)

<新Aチーム>第45回都田リーグ 予選ブロック(2018.3.28)

3月24日(土) 於:牛が谷公園
〇6−2 vs 山田バッファローズ

とどめのタイムリーを放ったリツキ都田リーグの初戦のお相手は、同じ都筑区内の山田バッファローズさん。インフルエンザでジュンセイが不在の中、副キャプテンのリツキを中心に、気持ちを一つに試合に臨んだ。

先制したのはイーグルス。1回裏、レンシン、タクトの連打に相手守備の乱れも乗じて、幸先よく先制点を奪取する。
続く2回表にノーアウト満塁のピンチを迎えるが、ここは先発リツキ、調子が悪いながらも0点でしのぎきる。ピンチの後にはチャンスあり。

ハルキ、気合十分!するとその裏、リョウマとハルキで作ったチャンスにシンタロウの2ランスクイズなどで一挙に3点を奪い、試合を有利に進めていく。最終回にはリツキの鮮やかなタイムリーでとどめを刺し、そのままゲームセット。途中で少しバタつく場面もあったが、それでも大崩れすることなく、最後までこちらのペースで試合を進めることができた。

相変わらず課題は尽きないけど、きちんと勝ち切ったのは大きいね。それでも調子に乗ることなく、次の試合にも挑んでいきましょう。(by Sコーチ)

<新Aチーム>あじさいリーグ(2018.3.25)

3月25日(日) 於:生田小学校
〇19−1 vs 月見台フェニックス

春らしいポカポカ陽気、絶好の野球日和。
打線も初回から気持ちいいくらいつながり、先週に続いての大量得点で勝利。でも、後半の失点が余計だね。取られ方もよくないし、ここは大いに反省してほしい。
次週以降も大切な大会が続くけど、改めてここでねじを巻きなおし、ゲームセットのその瞬間まで、自分たちの野球を貫けるようにしましょう。(by Sコーチ)

リョウスケ、激走!  ミライ、最終回に2ベース

<新Bチーム>ベイサイドカップ ブロック第2戦(2018.3.25)

3月24日(土) 於:緑台小
○13−3 vs 相武台レッドジャガーズ

ベイサイドカップ ブロック第2戦は初対戦の相武台レッドジャガーズさん。
守備でリズムをつくり攻撃に生かしたい後攻のイーグルス。

2回裏に相手の守備の乱れに乗じて3点を先制したが、こちらも3回表に四球でリズムを崩し、3点を取られ3−3の同点。
直ぐに加点したいイーグルスは3回裏に四死球と内野安打で作った満塁のチャンスにセイヤが目の覚めるようなタイムリー2ベース!
その後もタクマのタイムリー等で10点をとり13−3のコールドでゲームセット。

タイムリー2ベースのセイヤ!  打撃好調のタクマ!

先頭バッターを出すと得点に繋がることを改めて感じた試合だったね。
特に四死球で出すとリズムも悪くなるね。
またバント失敗も流れが悪くなる要因だね。しっかり練習して次の試合に挑もう!(by Tコーチ)

<新Cチーム>都筑区教育クリーグ(2018.3.25)

3月24日(土) 於:東山田公園
●2−9 vs 山田バッファローズ

力投のコウタロウいよいよ本格野球の公式初戦、日ごろの成果が試される大事な試合。

ピッチャーは、丁寧な投球でコントロールが安定しているキャプテンのコウタロウ。この試合でも、与えた四球は先頭打者の1人のみ。相手の強打者に本塁打を打たれたものの、4回12アウトのうち奪った三振は10個。エースとしての仕事は、立派に果たした。

しかし、褒められる要素はこれだけ・・・・

気持ちを入れ替えようまず守備については、打球に対して捕れない、止められない、投げられない。内野はお手玉、悪送球、無反応、外野はボールを追わず、声も出さない。もちろん打撃については、ボールに当たらず10三振でノーヒット。塁に出ても、自分が何をすればいいのか理解していない。挙句の果てには、四球になっても一塁に進まず帰ろうとする選手まで・・・

正直、野球をする意欲がまったく伝わらない試合だった。

コーチから言われた、最低限しなければならないことは、守りましょう!
いつまでも野球ごっこをしてるようだと、結果が出ませんよ。(by Iコーチ)

<新Bチーム>都田リーグ ブロック初戦(2018.3.25)

3月18日(日) 於:上山小
●4−8 vs 緑ユニオン

レフトで声を出しチームを盛り立てるカズ上級生も出場する都田リーグ ブロック初戦は緑ユニオンさん。
15人全員出場で応戦する後攻のイーグルスの先発はタクマ。

初回はヒットで失点したが、2回は二死からエラーでの失点で1−5。
3回には無死1,3塁のピンチにサードライナーをケンシンが華麗にキャッチし、飛び出した3塁ランナーを刺し、1塁ランナーも盗塁していた為、戻れず”初のトリプルプレー”達成!

3回裏にソウアの2ベース等で3−5と追い上げたが、エラー絡みで4回以降1点づつ失点し、最終の6回に1点返したが4−8で終了。

集中して打席に入る打力アップ中のユウマエラーで出したランナーをけん制で刺したり、二盗を刺したりで流れを止めた感があったが、流れを変えられなかったね。

二死からのエラーでの失点が6点と拙い守り。
また先頭バッターを塁に出したら全て失点に絡むことを再認識した試合だったね。
まだまだ門出したばかり!焦らず日々努力し次の試合に挑もう!(by Tコーチ)

<新Aチーム>第47回 都筑区民少年野球大会春季大会 ブロック予選(2018.3.19)

3月18日(日) 於:東方公園
〇12−2 vs ジュニア葵

ジュンセイ、まさかの3打席連続デッドボール大事な区大会の初戦は、久しぶりの対戦となったジュニア葵さん。前回の優勝のことは一度リセットし、挑戦者として気持ちを新たに試合に臨んだ。

初回、2アウト満塁のチャンスにタイセイが走者一掃のタイムリーを放ち、一気に流れをつかむ。その後も相手守備の混乱につけ込みながら、毎回得点で4回コールド勝ち。

点差ほどすっきりした内容ではなかったけれど、結果的には、いい形でこの大会に入ることができたかな。この先も驕ることなく、次の試合にも全力で挑みましょう。(by Sコーチ)

<新Aチーム>さわやかカップ教育リーグトーナメント2回戦(2018.3.19)

3月17日(土) 於:深谷通信隊グラウンド
●0−3 vs 戸塚ACFホークス

リョウマ、死球からチャンスを作るも得点ならずチャンスを作ってもあと一本が出ない。最後まで相手エースを打ち崩せず、さわやかカップは早くも2回戦で敗退となってしまいました。

野球は点を取らないと勝てません。1点を取るための執念が、選手もベンチも足りなかったのかな。

この大会はここで終わり。もう取り返しはつかないけど、せめてこの敗戦から得たものを忘れずに、ほかの大会で頑張りましょう。(by Sコーチ)

<新Aチーム>区春季大会開会式&さわやかカップ教育リーグトーナメント1回戦(2018.3.13)

3月11日(日) 於:白根地区センター
〇7−0 vs 中白根キング

レンシン、区春季大会での行進午前中は区春季大会の開会式。
先週勝ち取った優勝旗とカップをわずか1週間で返還。
春季大会でまたいい成績を残せるようにがんばりましょう。

午後は昨年後半からブロック戦を戦ってきたさわやかカップのトーナメント1回戦。全31チームが参加です。
試合はタイセイの無四球の好投で5回コールド勝ち。しかし打線は打ち損じが多く決め手にも欠けました。

次の試合では獲るべき時に確実に点を取れるようにしましょう。(by Oコーチ)

<新Bチーム>ベイサイドカップ リーグ戦(2018.3.12)

3月11日(日) 於:栗木台小学校G
●0−8 vs 栗木ジャイアンツ

2018公式戦の第一戦、冬トレの成果を試す大切な一戦でしたがフォアボールからの失点を許す後攻スタート。

打者勢も、アップしたスイングスピードとタイミングを取るのに苦戦。
後半、ソウタの力投や、上位打線のタイミングも合ってきましたが結果に結び付かず、苦い結果となりました。

実戦の感覚を練習でどれだけ意識出来るか、この一年の課題かもしれないね。
野球を楽しむための工夫と努力!頑張れー!(by Mコーチ)

2018年のスタートを切りました!  崩れかけた守備の流れを良く止めました!

<新Aチーム>あじさいリーグ(2018.3.12)

シンタロウ、ケガも治って久しぶりのフル出場3月10日(土) 於:北見方球場
○6−0 vs 新作第二少年野球部

3月とは思えないくらい厳しい寒さの中、朝一のプレイボール。

序盤からヒットは出るものの、つまらないミスが続いてなかなか得点に結びつかない。結局6点を取ることはできたが、もったいない場面も多く、攻撃面は、かなりの反省が必要。

守る方は、ウタの粘りの投球にバックが応え、まずまずの内容。

ウタ、見事に7回完封勝ち!今日はグラウンドコンディションもあって対応の難しい打球が多く飛んできたが、途中からファーストに移ったレンシンの好プレーなどもあり、最後まで相手に得点を与えない。結局、ウタはそのまま7回を投げ切り、新Aチームとなって公式戦初の完封勝ち。

これから、いろいろなコンディションの中で、試合を行っていくことになります。そこに合わせて体の調子と気持ちを整えることは、勝ち続けていくためには不可欠です。今日の試合を良い教訓にして、明日からまた挑戦していきましょう。(by Sコーチ)

<新Aチーム>都筑区大会 2017年度秋季大会 決勝戦(2018.3.5)

3月4日(日) 於:牛が谷公園
○2−1 vs 南山田ライオンズ

下級生も一緒にキャップトス!熱戦が続いた区大会も、いよいよ決勝戦。お相手は、夏の大会で煮え湯を飲まされた、南山田ライオンズさん。前回のリベンジを果たすのに、最高の舞台が用意されていた。卒業間近の6年生や、この試合のためにいろいろとサポートしてくれた下級生たちによる心強い大応援団を背に、はやる気持ちを抑えながら、いざ出陣!

試合の展開は、前回とは打って変わっての息詰まる投手戦。先発リツキが危なげなく相手打線を封じ込めるが、一方で再三のチャンスにあと一本が出ない。お互いのエースの力投により、スコアボードにゼロが並んでいく。

試合が動いたのは5回表。これまで堅い守りでリツキを支えていた守備陣だったが、不運なエラーが続いてノーアウト一、二塁とされると、ここでけん制悪送球で二塁ランナーをホームに返してしまう。なおも1アウト三塁の大ピンチ。しかしここはリツキが踏ん張り、追加点をやらずに最少失点で切り抜ける。

すると6回裏、1アウトからジュンセイがヒットで出塁すると、連続で盗塁を決めて三塁へ進み、打席にはリツキ。強烈な打球が相手内野陣を襲う間にジュンセイがホームに帰り、土壇場で同点に追いつく。さらに2アウトランナーなしからタクトがヒットで出塁し、二盗を決めて勝ち越しのチャンス。ここでタクトの積極的な走塁が相手のけん制エラーを誘い、そのまま一気にホームへ。ついに逆転に成功する。

7回表、最終回の守り。先頭打者を出してしまうが、ジュンセイが二盗を刺してすぐさまピンチの芽を摘む。最後はリツキが三振を取ってゲームセット。この瞬間、新Aチーム初の優勝が決まった。

まずは一冠。おめでとう!

まずは優勝おめでとう! でも君たちの目標からすると、これはただの通過点。ここで満足して立ち止まることなく、常に挑戦者の気持ちを忘れずに次の大会にも臨みましょう。

また、自らの練習時間を犠牲にしてでも今日の試合に集中させてくれた、B、C、Tチームの皆さん。本当にありがとうございました。おかげさまで、最高の形でその恩に報いることができました。この優勝は、学年を超えて、まさにチーム一丸で勝ち取ったものだと思います。これからもイーグルスの最高学年として誇りを持ち、良い結果を出し続けられるように、ベストを尽くします。引き続き、応援のほどよろしくお願いいたします。(by Sコーチ)

<新Aチーム>あじさいリーグ(2018.2.26)

今年度最初の親子ショット2月25日(日) 於:椚谷公園
●1−2 vs 左近山ブルーファイターズ

試合前の動きに少し違和感。なんだか気持ちが入り切っていない様子。

嫌な予感は的中し、初回から2点を失う苦しい展開に。
それでもそれ以降の失点を何とか防ぎ、反撃につなげたいが、なかなか相手エースを打ち崩せない。

すると6回表、レンシンのラッキーなヒットをきっかけに2アウト満塁のチャンスを作り、押し出しでようやく1点を返すことに成功する。

絶好調ミライ、惜しくもタイムリーにならずここで次の打席に立つのは、最近バッティング絶好調のミライ。うまくたたきつけた打球は、残念ながら相手一塁手に好捕されてしまい万事休す。新Aチーム公式戦3試合目にして、初黒星を喫してしまいました。

何度も言うけど、この先、勝ち続ければ、連戦が続きます。大いに反省して、今日の敗戦を次の勝利につなげましょう。(by Sコーチ)

 

<新Aチーム>都筑区大会 2017年度秋季大会 準決勝(2018.2.26)

2月25日(日) 於:牛が谷公園
○3−1 vs 横浜球友会

リツキ、これぞエースの投球準決勝のお相手は、4年生の時以来の対戦となった、球友会さん。相手にとって不足なし。ただ全力でぶつかるのみ。

今日も先制はイーグルス。初回、ヒットで出塁したリョウスケを二塁において、ジュンセイがヒットを放つ。ここで、三塁ランナーコーチャーのシンタロウの好判断により、リョウスケは三塁ベースを蹴って一気にホームへ。試合の序盤から流れをイーグルスに呼び寄せる。

続く2回、すぐさま同点に追いつかれるも、その裏、リョウマの好走塁で作ったチャンスに、レンシンが大きく外されたボールに飛びついてスクイズを成功させて、再び勝ち越しに成功する。

ウタ、ライトオーバーの2ベース!一方で先発のリツキは、毎回のようにランナーを出すも、粘り強く投げてスコアボードにゼロを重ねていく。3回にはセカンドハルキのファインプレーも飛び出し、流れを相手に渡さないまま最終回へ。最後は難しい打球をサードのウタが器用にさばき、試合終了。これで2大会連続で区大会の決勝戦へとコマを進めることができた。

ベンチにとっては胃のキリキリするような試合展開だったけど、選手たちはそれぞれが自分らしさを出せた試合だったのではないでしょうか。でも、まだまだ反省点が多いのも事実。直すべきところはしっかり直し、次週はきっちりと夏のリベンジを果たしましょう。(by Sコーチ)

<新Aチーム>都筑区大会 2017年度秋季大会 準々決勝(2018.2.26)

2月24日(土) 於:荏田西グラウンド
○6−4 vs 川和シャークス

タクト、猛打賞の大活躍!さあ、ついに新Aチームとしての公式戦スタート。とは言っても、こちらは、昨年の悪天候で延びていた、5年生秋の区大会。

その決勝トーナメント最初のお相手は、宿命のライバル、川和シャークスさん。この冬の練習で得たことを生かし、しっかりと自分たちの野球を展開したいところ。

先制したのはイーグルス。2回表、1アウトからタクトがヒットで出塁すると、その後2アウト二,三塁とチャンスを広げ、タイセイの2点タイムリーで鮮やかに得点する。続く3回以降も絶好調のタクトに引っ張られ、毎回のように得点を重ねていく。

好投するタイセイそれでもさすがはシャークスさん。じわりじわりと攻めよってくるが、先発タイセイが要所を締め、最少失点で切り抜けていく。

そして、2点のリードを守ったまま、6回裏を終えたところで時間切れにより試合終了。見事に準決勝へとコマを進めることができた。

まずは、結果を求められる試合で勝利したのは及第点。でも、課題もたくさん見つかったね。悲願を達成するためにも、すぐに修正して、明日の準決勝に臨みましょう!(by Sコーチ)

2017年度Aチーム 卒団式(2018.2.14)

12月12日(月祭) 於:荏田南幼稚園他

2月12日 2017年度Aチームの「6年生を送る会」が行われました。
体調不良のヒカルはテレビ電話で参加をし、なんとか全員集合です。

ティーボール時代5名から始まったチームは一人また一人と仲間が増え、最後は11名で卒団の日を迎えることができました。
少年野球は楽しいことばかりではなかったと思いますが、送る会での選手たちの言葉を聞いていると改めて強い友情で結ばれていたことを感じました。

中学生になりスポーツに勉強に新たなチャレンジが始まりますが、イーグルスでの経験を糧に、もっともっと羽ばたいてくれることを期待しています。

2017年Aチームの選手たち、コーチ、お母さま方、本当にお疲れ様でした。
またいつでもイーグルスに遊びに来てください。(by 新AチームOコーチ)

<OB情報>都筑区中学校一年生大会(2018.1.31)

V戦士たち再び集結?イーグルスの卒団生6人が所属する荏田南中学校野球部の一年生たちが、6連覇をかけて、今年も一年生大会に臨みました。

接戦に次ぐ接戦を制して勝ち上がった南中野球部ナイン。決勝戦も楽しみにしていましたが、あいにくの大雪によって予備日も含めて試合を開催できず、そのまま大会終了となってしまいました。決勝の相手だった東山田中学校との同時優勝という形で終わった今大会。一応、6連覇達成ということで喜んでおくことにします。

リュウヘイ、ヨウゴ、リョウセイ、カンタ、ハルヤ、ユウマ。体も一回り大きくなり、一つひとつのプレーの迫力の増した選手たち。イーグルスOBの多い二年生の先輩たちの大声援を背に、イーグルス時代と同じポジションで躍動するその姿に、得も言われぬ感動を覚えました。そして1月21日に行われた準決勝では、川和中学校へ進んだ、元チームメイトのハルオとの対戦が実現。チームの中心選手として大きく成長したハルオとの勝負は規定回数では決着がつかず、特別延長に突入してのサヨナラ勝ちという劇的な試合となりました。

この先、様々な困難が待ち受けているかもしれませんが、イーグルス時代に培った基礎や精神力を基に、また新チームで出会った新しい仲間とのチームワークを磨きながら、もっともっと大きく成長していってください。今後の活躍を楽しみにしています。

ちなみに、決勝戦が流れてしまったために、中学校のユニフォーム姿での集合写真は撮れませんでしたが、タイミングよく2016年度Aチームで集まる機会があったので、そのときの写真を掲載させていただきます。私立中学校やボーイズへ進んだユウト、シュウ、シュウダイ、リョウスケ、タイヨウも、それぞれの新チームで活躍している様子を報告してくれました。(by 2016年度Aチームの親父)

年始会(2018.1.9)

1月6日(土) 荏田南小学校

18年年始会あけましておめでとうございます!
本年もよろしくお願いいたします。

新年を迎え、新Aチームを主体として、イーグルスの活動が始まりです。
恒例の劔神社の参拝後、全体でのキャッチボール、ノック、バッティングを行い、元気よく、楽しく、18年をスタートすることができました。
5年生、4年生、3年生、2年生、1年生のみんなは、一年間、元気に、笑顔で、日々努力して、そして、野球を楽しんでくださいね。
6年生は中学生となり、尊敬される先輩となれるように、野球、社会、勉強など多くの事を学ぶ大事な年にしてください。(by Yコーチ)

更新記録

2018.4.30
トピックス更新(A・Cチーム 4/28, 29試合結果 5件更新)
2018.4.26
トピックス更新(Cチーム わかばジュニア)
2018.4.25
トピックス更新(Tチーム 区大会、Cチーム 区大会)
過去のトピックス(2018年 1月〜6月)ページを追加
2018.4.24
トピックス更新(Bチーム ベイサイドカップ・都田リーグ)
2018.4.23
トピックス更新(Bチーム あじさいL・都田L、Aチーム YBBL・高円宮杯)
2018.4.16
トピックス更新(Aチーム 高円宮賜杯 横浜市大会)
2018.4.9
トピックス更新(Bチーム あじさいリーグ ブロック戦)
2018.4.8
トピックス更新(Aチーム YBBLブロック予選)
2018.4.2
トピックス更新(A・B・Cチーム 週末試合結果 5件更新)
2018.3.28
トピックス更新(新Aチーム 都田L、新Bチーム ベイサイドC)
2018.3.25
トピックス更新(新A・B・Cチーム 都田L・区大会・ベイサイドC・あじさいL)
2018.3.19
トピックス更新(新Aチーム さわやかC・区大会)
2018.3.13
トピックス更新(新Aチーム 区大会開会式・さわやかC)
2018.3.12
トピックス更新(新Aチーム あじさいL、新Bチーム ベイサイドC)
2018.3.5
トピックス更新(新Aチーム 2017年度区大会決勝)
2018.2.26
トピックス更新(新Aチーム 区大会・あじさいリーグ)
2018.2.14
トピックス更新(2017年度Aチーム 卒団式)
2018.2.13
2/17体験会のお知らせ更新(トップページ・部員募集ページ)
2018.1.31
トピックス更新(OB情報 都筑区中学校一年生大会)
2018.1.9
トピックス更新(2018年始会)